【今すぐお金が必要】至急お金を工面する方法はこちら >>

無職だけどお金を借りたい。失業中他、収入がない中で借りれる手段について

まったく収入のない無職は、金融機関からお金を借りることができません。それでも借りたいという人のために、質屋や車融資、生命保険の契約者貸付制度、クレジットカードのキャッシング枠や現金化を活用して、資金調達を行う方法をご紹介しています。

ブラックでもお金を借りたい。絶対困難な状況で、お金を調達する方法

債務整理をした人や、何度も延滞を繰り返すなどした人は金融ブラックになって、どこからも融資を受けられなくなってしまいます。それでもお金を借りたい人が、どうすれば融資を受けることができるのか、分かりやすく解説しています。

【借りにくい?】障害者がお金を借りたい時に気をつける点と、利用できる制度

障害者でも健常者と同じように生活をしている人なら、お金を借りることができますが、障害の重さによっては融資を断られることもあります。ここでは、民間の金融機関から融資を断られたときに、どうやってお金を借りればいいのかについてまとめています。

在日外国人が日本でお金に困ったら。借りる方法他、使える制度まとめました。

在日外国人であっても日本に生活拠点がある場合には、問題なくお金を借りることができます。ただし日本人とは違った融資条件をクリアしなくてはいけません。ここでは、その条件や借りるときのポイントについて、分かりやすく説明しています。

【本当?】債務整理中でもお金は借りれる?どうしても必要な時の手段と方法

債務整理中にお金を借りると、債務整理の手続きが止まってしまう可能性があります。弁護士や司法書士が手を引くこともありますので、金融機関からの借入れをしてはいけません。それでもお金が必要なときの調達方法についてまとめました。

多重債務でもお金は借りれるの?金融機関NGでも、お金がどうしても必要な場合

複数の金融機関からお金を借りて多重債務の状態になると、それ以上お金を借りるのが難しくなります。借りやすい中小の金融機関でや質屋で借りるという方法もありますが、それも含めてどのように対処すればいいのかについて、詳しくご紹介しています。

未成年がお金を借りる場合。意外に多い、カードローン以外で借りる方法まとめ

未成年は民法により契約の取り消しができるため、銀行や消費者金融のカードローンを利用してお金を借りることができません。ただし、親の同意があれば借りる方法はいくつもあります。ここではその方法について、分かりやすく解説しています。

母子家庭がお金を借りるなら。お金に困ったシンママが資金を工面する方法

収入が少ない母子家庭は、銀行や消費者金融からは金を借りることが難しく、まとまったお金が必要なときに困りますよね。そんなときに利用できる、母子福祉資金貸付金や福祉資金貸付といった制度について、分かりやすく説明しています。

生活保護でもお金借りれる?公的支援制度や借入の注意点などまとめました

生活保護受給者はお金を借りることができなと思っている人もいるようですが、実は条件次第で融資を受けることができます。ただし正しい手順で借りないと、生活保護費が減らされることもあります。ここでは減額されないで借りる方法をご紹介しています。